MENU

フィリピン・セブ島への3ヶ月短期留学の費用を解説!どれくらい英語が伸びるのか?効果はあるの?

「3ヶ月のフィリピン・セブ島留学の費用は?」

「留学費用の内訳を知りたい」

「3ヶ月で効果はあるの?」

フィリピンセブ島留学の費用に関するこのようなお悩みはありませんか?

3ヶ月の留学費用対効果を理解することで、自身に合った留学期間を理解する事が出来ます。

海外留学エージェントを運営しており、延べ500名以上の留学相談経験がある私が解説します。

この記事を読むと、フィリピン・セブ島3か月語学留学の費用や効果について知識が深まります。

目次

3ヶ月のフィリピン・セブ島留学費用の内訳

学校やプラン、地域、コースによって若干異なりますが、3か月留学でかかる費用の目安は683,100円〜1,058,900円です。

ここでは、3ヶ月留学費用の内訳を説明します。

学費

フィリピンの語学学校では、滞在費と生活費が学費に含まれていることが多いです。

留学中は、寮の1人部屋・寮の複数人部屋・ホテル・コンドミニアム等に滞在することになります。

部屋タイプによって費用が異なるため予算に合わせて部屋を選びましょう。

水道代や電気代が学費に含まれていない学校もあるため、申し込み前に必ず確認してください。

食事を1日3回提供する学校が大半ですが、中には1日2回や週末は提供なしの学校もあるため、注意が必要です。

スクロールできます
入学金15,000円
学費400,000円~750,000円
教材費12,000円

生活費

学費に生活費が含まれている場合は、食事代や光熱費を別途請求される心配はありません。

学校の外での食事代やアクティビティー代、日用品代、交際費、お土産代に使う分として120,000円ほど準備しておきましょう。

光熱費が含まれていない場合は、別途払う必要がありますが3ヶ月で12,000円程度です。

食事代を学費に含んでいる学校がほとんどですが、まれに1日2回のみ・週末はなしのところもあるため、事前に確認しましょう。

その他の費用

ここでは、フィリピン留学で必要なその他の費用について説明します。

フィリピンへの渡航費は、平均で50,000円〜70,000円です。

留学費用を抑えたい方は早割を利用したり、ゴールデンウィークや夏休みの繁忙期を避けると良いでしょう。

3か月留学の場合、ビザとSPP(就学許可証)だけでなく外国人登録証も必要です。

外国人登録証にはACR I-CardとECCがありますが、ACR I-Cardの費用は為替の変動や学校によって異なります。

ECCの有効期限は1ヶ月なので、フィリピン出国の1〜2週間前には申請しましょう。

フィリピンの治安は良くなってきていますが、申し込んだコースに空港ピックアップを含んでいない場合は、安全のためピックアップの申込をおすすめします。

スクロールできます
教材費12,000円
渡航費50,000円~70,000円
海外留学保険料36,000円
ビザ申請費20,200円
SSP(就学許可証)費用約15,000円
外国人登録証費用約7,400円~約8,700円
空港ピックアップ費7,500円~12,000円

3ヶ月のフィリピン・セブ島語学留学で得られる効果

ここでは、3ヶ月のフィリピン・セブ島留学で得られる効果について見ていきましょう。

3ヶ月留学で語学力は伸びる?

3ヶ月留学すると、語学力は伸びます。

なぜなら、3ヶ月留学していると英語を話す抵抗がなくなり、自分の言いたいことを英語で伝えられるレベルになるからです。

文法や語彙もしっかり身についてくるため、周りの人も英語力がアップしたことが分かります。

英語を英語のまま理解できるようになり、よりスムーズな英会話を楽しめるようになるでしょう。

日常会話がスムーズにできるようになる

フィリピンに3ヶ月留学すると、日常会話がスムーズにできるようになります。

留学してから1、2ヶ月たつと相手の話を聞き取れるようになり、自分が伝えたいことを簡単な英語で話せるように。

留学3ヶ月目に入ると、英語の基礎がしっかりと築かれて英語をアウトプットするのに慣れてくるため、日常会話をスムーズにできるようになります。

英会話へのアレルギーがなくなってくるため、講師以外の人とも英会話を楽しめるようになるでしょう。

日常会話をスムーズにできるようになるため、交友関係も広がってより一層留学を満喫できるようになります。

英語力の伸びを実感できる

留学の始めの頃は生活に慣れるのに一生懸命だったと思いますが、3ヶ月たつ頃には生活のリズムができてくるでしょう。

留学1〜2ヶ月の頃には日常会話をすることに慣れてきます。

ただし、流暢に英語を話したり相手の話を聞き逃さずに理解するのはまだ難しいです。

留学3か月目になると、英語脳が鍛えられて日常会話をスムーズにできるようになり、自分も周りも英語力の伸びを実感し始めるでしょう。

目指しているレベルや目標によっては、より高いレベルの英語力を身につける方もいらっしゃると思います。

3ヶ月のフィリピン・セブ島留学のメリット・デメリット

3ヶ月のフィリピン・セブ島留学のメリットとデメリットをご説明します。

3ヶ月留学を検討している方は、参考にしてください。

メリット

フィリピン・セブ島に3ヶ月留学するメリットは3つです。

  • 英語脳が鍛えられる
  • スムーズな日常会話ができるようになる
  • 英語をじっくり学べる

英語脳が鍛えられる

フィリピンに3ヶ月間留学すると英語脳が鍛えられます。

なぜなら、英語を毎日耳にしていると、聞こえてくる英語を日本語に訳さず理解できるようになるからです。

フィリピンへ3ヶ月留学する場合は、1日8時間×5日×12週間で合計480時間英語を学習します。

英語脳になるには沢山の英語を聞いて話す必要がありますが、留学期間が短いと英語に触れる量が足りません。

3ヶ月留学の場合は英語に触れる時間が十分にあるため、英語脳を鍛えることができるのです。

スムーズな日常会話ができるようになる

3ヶ月留学すればスムーズな日常会話ができるようになります。

なぜなら、生活が落ち着くと同時に交友関係が広がり、授業以外でも英語を話す機会が沢山あるからです。

英会話力を向上させるには文法や語彙をしっかり身につけるだけでなく、英会話をする場数を沢山踏む事が必要。

フィリピンの語学学校ではマンツーマン授業が大半なので、発言する機会が沢山あります。

また、英語以外の言語を使うのが禁止されているスパルタコースを選んだ場合は、英会話力を圧倒的にアップできるでしょう。

3ヶ月間、真剣に英語学習に取り組んだ方は英会話力を確実に上げられます。

英語をじっくり学べる

3ヶ月の留学では約480時間の授業を受けるので、英語をじっくり学べます。

常に英語が聞こえる環境にいると耳が英語に慣れてリスニング力がアップし、マンツーマン授業でアウトプット量も多いため、スピーキング力も上がるでしょう。

文法や語彙で英語の土台もしっかり築くことができ、自分の英語力が上がったことを実感できます。

英語初心者がフィリピンに留学した場合、耳が英語に慣れるまで時間がかかります。

留学期間が短いと英語に慣れる前や慣れ始めた頃に留学が終わってしまいますが、3ヶ月あればじっくりと英語を学ぶことが可能。

マンツーマンレッスンで、自分のレベルにあった内容で進めてもらえるので安心して英語学習に取り組めます。

初心者の方でも語学力がアップしたことを実感しやすいのが、3か月留学です。

デメリット

フィリピン・セブ島に3ヶ月留学するデメリットは3つです。

  • 休職や休学が必要
  • 中だるみしやすい
  • 費用が高い

休職や休学が必要

社会人の場合は仕事を3カ月間休むことは難しいため、3ヶ月留学するには退職するか休職する必要があります。

大学生の場合は夏休みや春休みは長いですが、それでも休学せずには3ヶ月留学することはできません。

3ヶ月留学で得られるものは沢山ありますが、退職・休職・休学は人生で大きな決断となるため、よく考える必要があるでしょう。

中だるみしやすい

最初の1、2ヶ月はなんとかやっていても、フィリピン・セブ島留学中の勉強時間は長いため飽きてしまう方もいるようです。

毎日の勉強量が多くて、3ヶ月たつ頃には疲れてしまってモチベーションを維持するのが難しい場合も。

長い間モチベーションを維持するのは難しいですが、留学には終わりがあります。

留学を決意した時の思いや英語を学ぶ目的などを思い出して、モチベーションを維持する工夫をする必要があるでしょう。

交友関係を広げたり少し難しいレベルの英語に挑戦するなど、主体的に行動してさらなる英語力アップを目指しましょう。

費用が高い

学校やコース、滞在する部屋タイプによって費用は変動しますが、フィリピンへ3ヶ月留学する費用の目安は683,100円〜1,058,900円です。

欧米へ3ヶ月間留学するよりリーズナブルですが、安いといえる価格ではありません。

渡航時期や寮の複数人部屋を選んだり、全ての生活費が含まれている学校を選ぶなどして節約することは可能です。

長期留学には割引が適用される場合があり、短期留学と比べると1日の留学費としては安く抑えられています。

価格が安くなる以外にも寮の部屋タイプがアップグレードなどの特典を提供している学校もあるので、色々な特典を確認しながら予算に合った留学期間を選びましょう。

まとめ

ここでは、フィリピン・セブ島への3ヶ月間留学の効果について説明しました。

3ヶ月留学すると、英語脳が鍛えられるためスムーズな英会話を楽しめるようになります。

生活が落ち着いてくると、人間関係が広がって授業以外でも英語を使う場面が増えてそれとともに英会話力も向上するでしょう。

3ヶ月間毎日英語を耳にしていると、聞こえてくる英語を日本語に訳さず理解できるようになり英語脳が鍛えられます。

自分だけでなく、周りの人も英語力がアップしたことを実感できるのが3ヶ月間の留学です。

フィリピンの語学学校で勉強する時間が長いことから、留学後半には飽きてしまったり中だるみしてしまう方もいます。

中だるみしないためにも留学の目的を忘れず、モチベーションを維持できるよう工夫しながら留学生活を楽しんでください。

よくある質問

フィリピン留学3ヶ月の費用はいくらですか?

学校やプラン、地域、コースによって若干異なりますが、3ヶ月留学でかかる費用の目安は683,100円〜1,058,900円です。

留学するにあたり、取得が必要なものはありますか?

ビザとSSP(就学許可証)、外国人登録証が必要です。

3ヶ月の留学で英語力は伸びますか?

生活に慣れてくるのと同時に、日常会話をスムーズにできるようになります。

3ヶ月留学のデメリットはなんですか?

留学生活のルーティンに慣れて、中だるみしてしまう方もいるようです。留学をしている目的を意識して、モチベーションを維持できるよう主体的に勉強に取り組みましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次
閉じる