MENU

フィリピン・セブ島への1か月短期留学の費用を解説!どれくらい英語が伸びるのか?効果はあるの?

「1か月のフィリピン・セブ島留学の費用は?」

「留学費用の内訳を知りたい」

「1か月で効果はあるの?」

フィリピンセブ島留学に関するこのようなお悩みはありませんか?

1か月の留学費用対効果を理解することで、自身に合った留学期間を理解する事が出来るでしょう。

海外留学エージェントを運営しており、延べ500名以上の留学相談経験がある私が解説します。

この記事を読むと、フィリピン・セブ島1か月語学留学の費用や効果について知識が深まります。

目次

1ヶ月のフィリピン・セブ島留学費用の内訳

選ぶ学校や地域によって費用は多少異なりますが、1か月留学でかかる費用は目安として293,500円〜418,000円です。

ここでは1か月留学の費用の内訳を説明します。

学費

フィリピン・セブ島の語学学校の学費には、滞在費と生活費が含まれている場合がほとんどです。

滞在する部屋は、寮の1人部屋・寮の複数人部屋・ホテル・コンドミニアムなどがあります。

部屋のタイプによって費用が異なるため、費用を抑えたい方は寮の複数人部屋、1人のスペースが必要な方は1人部屋やホテルがおすすめです。

光熱費が別途請求される場合や、食事は1日2食のみ・週末は食事なしの場合もあるので、申し込み前に確認しましょう。

スクロールできます
入学金15,000円
学費150,000円~250,000円
教材費4,000円

生活費

語学学校の学費に生活費が含まれている場合は、学校の外での食事やアクティビティー、日用品やお土産に使うお金が必要です。

その場合は、雑費として40,000円ほどあれば足りるでしょう。

光熱費が別途請求される場合は固定額か使用量に応じての支払いですが、1か月であれば4,000円程度になります。

食事代を学費に含んでいない学校もあり、その場合は留学費用全体が変わるので、必ず事前に確認してから申し込んでください。

その他の費用

ここでは、フィリピン留学で必要なその他の費用について説明します。

時期によって変動しますが、フィリピンへの渡航費の平均は50,000円〜70,000円です。

留学中の怪我や事故などの補償のためにも、海外留学保険には加入しましょう。

4週間以内の留学であればビザや外国人登録証は必要ありませんが、SPP(就学許可証)が必要です。

SPPは語学学校で準備してくれますが、費用は学校や為替によって若干異なります。

学校によっては空港ピックアップ費がコース費用に含まれていませんが、安全面から空港ピックアップの申込をおすすめします。

スクロールできます
渡航費50,000円~70,000円
海外留学保険料12,000円
ビザ申請費0円
SSP(就学許可証)費用約15,000円
外国人登録証費用0円
空港ピックアップ費7,500円~12,000円

1ヶ月のフィリピン・セブ島語学留学で得られる効果

ここでは、1週間のフィリピン・セブ島留学で得られる効果について見ていきましょう。

1か月留学で語学力は伸びる?

1か月留学で語学力は伸びます。

なぜなら、留学中は日本で英語を勉強するよりもはるかに多くの時間を費やし、またマンツーマンレッスンなので効率よくアウトプットの練習ができるからです。

学校によって多少ばらつきがありますが、フィリピンに1か月留学すると1日8時間×5日×4週間で合計160時間英語を学習します。

留学で語学力が伸びたことを実感するには、留学前の準備が必要不可欠です。

留学前にご自身の英語力を把握し、留学でどのスキルをどの程度伸ばしたいのかを明確にすると、留学による語学力の伸びを感じられるでしょう。

留学で達成したい目標や目的によっては効果を実感しにくい場合があるかもしれませんが、留学前と比較すると語学力は必ず伸びています。

リスニング力の向上

1か月留学でリスニング力は向上します。

なぜなら、留学中は毎日マンツーマンレッスンがあるため、耳が英語に慣れるからです。

マンツーマンレッスンはご自身と講師しかいないため、良くも悪くも逃げ場がありません。

英語を聞き取る時も英語で答える時も自分1 人しかいないため、なんとかして英会話をする必要があります。

このようにしてマンツーマンレッスンを受けると、リスニング力とスピーキング力が自然とアップします。

語学学校によっては日本語禁止のところもあり、授業中だけでなくランチ時や寮にいるときも英語しか話せません。

確実に英語力を向上させたい方は、日本語禁止の学校がおすすめです。

日常会話ができるようになる

1か月留学すると、簡単な日常会話ができるようになります。

なぜなら、フィリピンの語学学校の授業の大半はマンツーマンレッスンでアウトプットの機会が多いからです。

講師の話が聞き取れない場合は聞き直したり、別の言い方を使ってもらうことになりますが、そのことも英語で伝えなければいけません。

ご自身が発言することなしにレッスンは進まないので、必然的に英語をアウトプットする機会が増えてスピーキング力が上がります。

何をするにも英語でコミュニケーションするしかないため、日常会話ができるようになるのです。

1ヶ月のフィリピン・セブ島留学のメリット・デメリット

1か月のフィリピン・セブ島留学のメリットとデメリットをご説明します。

1か月留学を検討している方は、参考にしてください。

メリット

フィリピン・セブ島の留学のメリットは3つあります。

  • 留学費用がリーズナブル
  • 語学力の伸びを実感しやすい
  • 観光を楽しめる

留学費用がリーズナブル

フィリピン留学の学費には授業料だけでなく滞在費や生活費が含まれているため、欧米留学よりもリーズナブルです。

留学する地域や時期によって変動しますが、留学費用の目安は下記の通りです。

  • フィリピン留学1か月:293,500円〜418,000円
  • アメリカ留学1か月:310,000円~760,000円

フィリピンへの渡航費も50,000円〜70,000円と比較的安く、飛行時間は5時間程度なので旅行気分で留学できます。

また、フィリピンの物価は日本の3分の1から5分の1程度なので、生活費やレジャー代も抑えやすく低コストで留学が可能です。

語学力の伸びを実感しやすい

日本で英語を勉強している時は文法や語彙などインプットが多いですが、留学中はマンツーマンのため自然とアウトプットする回数が多くなります。

そのため、今まで取り組んでいなかったスピーキング力が向上して語学力の伸びを実感しやすいです。

スピーキング力を向上するには講師の話の内容を理解する必要があるため、リスニング力も同時にアップするでしょう。

観光を楽しめる

1か月留学の場合は、週末があるため勉強以外のアクティビティを満喫できます。

フィリピンには歴史的な建物や自然を感じられる街並み、美しい海のリゾート地など見どころが沢山あります。

フィリピンで1か月過ごすのであれば、週末にゆっくりとフィリピンの文化や街の雰囲気を味わってください。

英語を学ぶ以外にも異文化を体験することで色々な刺激をもらうことができ、より充実した留学となるでしょう。

デメリット

フィリピン・セブ島の留学のデメリットは2つあります。

  • 英語力の向上を実感した頃に帰国
  • 英語の4技能全てを伸ばすことは難しい

英語力の向上を実感した頃に帰国

1か月の留学では英語に耳が慣れるだけでなく自分の意見も簡単に伝えられるようになるため、簡単な日常会話ができるようになります。

自分の考えを簡単に伝えられてコミュニケーションが楽しくなってきた頃に帰国となるため、もっと長く留学したい気持ちになることも。

濃密な英語レッスンを受けると英語力が向上することが分かり、英語漬けの環境から離れることが心配になる場合もあるようです。

毎日英語の環境で勉強すると英語力が伸びることを実感し、それが英語学習のモチベーションとなり次の留学を計画するきっかけとなる場合もあるでしょう。

英語の4技能全てを伸ばすことは難しい

1か月でネイティブ並みの英語を身につけるのは難しいです。

なぜなら、ライティング・リスニング・スピーキング・リスニング全てのスキルを向上させるには長い時間継続して英語を学ぶ必要があるからです。

そのため、1か月の留学では分野を絞って勉強するほうが英語力の伸びを実感しやすいです。

フィリピンの語学学校の大半はマンツーマンレッスンを提供しています。

レッスン前に留学の目的を伝えてレッスンを自分専用にカスタマイズしてもらうことが可能。

講師にご自身の英語を学ぶ目的や目標を伝えることで、留学最終日にはご自身の英語力の伸びを実感できるでしょう。

まとめ

ここでは、フィリピン・セブ島の効果について説明しました。

1か月の留学でネイティブスピーカー並みの英語力を身につけるのは難しいかもしれません。

ただし、マンツーマンレッスンを継続して毎日受講することで、自然とリスニング力とスピーキング力が向上します。

留学で最大限の効果を得るには、留学前に文法と語彙をしっかり身につけることが大切です。

日本で学んだ英語をアウトプットする場として留学を活用しましょう。

そうすることで英会話力の伸びを実感しやすくなり、英語学習のモチベーションがさらにアップします。

1か月留学を効果的に活用して、語学力の向上を実感してください。

よくある質問

フィリピン留学1か月でかかる費用はいくらですか?

選ぶ学校や地域によって費用は多少異なりますが、目安として1か月留学でかかる費用は、293,500円〜418,000円です。

留学中に滞在する部屋について教えてください。

学校の寮の1人部屋・寮の複数人部屋・ホテル・コンドミニアムなどがあります。

SPP(就学許可証)はどのように申請しますか?

SPPは語学学校が申請を行うため、申請用の書類としてパスポートのコピー・申請写真・申請費用を準備しておきましょう。費用は学校や為替によって若干異なります。

1か月留学で語学力は伸びますか?

人によってばらつきがありますが、簡単な日常会話ができるようになります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次
閉じる