MENU

フィリピン・セブ島への2週間短期留学の費用を解説!どれくらい英語が伸びるのか?効果はあるの?

「2週間のフィリピン・セブ島留学の費用は?」

「留学費用の内訳を知りたい」

「2週間で効果はあるの?」

フィリピンセブ島留学に関するこのようなお悩みはありませんか?

2週間の留学費用対効果を理解することで、自身に合った留学期間を理解する事が出来るでしょう。

海外留学エージェントを運営しており、延べ500名以上の留学相談経験がある私が解説します。

この記事を読むと、フィリピン・セブ島2週間語学留学の費用や効果について知識が深まります。

目次

2週間のフィリピン・セブ島留学費用の内訳

学校やプラン、地域によって変動しますが、フィリピン・セブ島に2週間留学した場合の費用は215,500円〜290,000円です。

ここでは、2週間留学の費用の内訳を説明します。

学費

フィリピン・セブ島留学の学費には、授業料以外にも滞在費や生活費が含まれているケースが多いです。

留学中の滞在先は寮の1人部屋・複数人部屋・ホテル・コンドミニアム等ありますが、選ぶ部屋のタイプによって費用が変動します。

多くの学校では生活費はコース代金に含まれていますが、中には食事は2食のみの提供で水道代・電気代は別途請求の場合も。

留学費用を抑えたい方は事前にしっかりと確認しましょう。

2週間留学の学費の目安です。

スクロールできます
入学金15,000円
学費100,000円~150,000円
教材費2,000円

生活費

食事代や水道代・電気代などの生活費が学費に含まれている場合は、学校の外での食事、日用品、交際費、お土産などに使うお金が必要です。

その場合は、20,000円程度あれば足りるでしょう。

週末に遠出をする場合は、もう少し準備しておくと良さそうです。

水道代・光熱費が別途請求の場合は、固定額もしくは使用した量に応じて支払います。

食事は1日何回提供されるのか、週末の食事はあるのか、その点も確認しておくと良いでしょう。

その他の費用

ここでは、フィリピン留学で必要なその他の費用について説明します。

時期によって変動はありますが、フィリピンへの渡航費は平均して50,000円〜70,000円です。

現地で病気にかかったり怪我をする場合があるので、海外留学保険には加入しておきましょう。

海外留学保険料は6,000円程度です。

2週間の留学であればビザや外国人登録証の取得は不要ですが、フィリピンに滞在する留学生は全員SPP(就学許可証)が必要です。

語学学校によっては、コース料金に空港ピックアップ費が含まれています。

含まれていない場合は、安全面からピックアップサービスの利用がおすすめです。

スクロールできます
渡航費50,000円~70,000円
海外留学保険料6,000円
ビザ申請費0円
SSP(就学許可証)費用約15,000円
外国人登録証費用0円
空港ピックアップ費7,500円~12,000円

2週間のフィリピン・セブ島語学留学で得られる効果

ここでは、1週間のフィリピン・セブ島留学で得られる効果について見ていきましょう。

2週間留学で語学力は伸びる?

2週間の留学でネイティブ並みの英語力をつけることは難しいです。

しかしながら、毎日英語を聞くことで耳が英語に慣れて徐々に先生や周りの生徒の話の内容が分かるようになります。

フィリピン留学ではマンツーマン授業がほとんどなので、必然的に毎日英語を話す必要があり英語を話すことへの抵抗も薄れるでしょう。

自分が話した英語が伝わると、英語でコミュニケーションをする楽しさを実感できます。

同時に、自分の考えを言葉にできないもどかしさを感じる時もあり、もっと英語を勉強したい気持ちが湧いてくると考えられます。

1つの分野に絞って勉強すると効果あり

2週間で英語力の向上を実感するためには、1つの分野に集中して取り組みましょう。

リーディング・リスニング・ライティング・スピーキング全てをまんべんなく勉強した場合、2週間では時間が足りずにどれも中途半端になってしまう可能性があります。

フィリピン・セブ島の語学学校ではマンツーマンレッスンがほとんどなので、事前にどのスキルに絞って勉強したいのか講師に伝えることが大切です。

そうすることで、希望のスキルに沿って授業を組み立ててもらえるので、効率的にスキルアップできます。

留学の時間を有意義に過ごすためにも、留学前にどのスキルを向上させたいのか考えて準備しておくと良いでしょう。

2週間のフィリピン・セブ島留学のメリット・デメリット

2週間のフィリピン・セブ島留学のメリットとデメリットをご説明します。

2週間留学を検討している方は、参考にしてください。

メリット

2週間のフィリピン・セブ島留学のメリットは5つあります。

  • 夏休みや年末年始休暇に合わせて行ける
  • 英会話に慣れてくる
  • 英語学習へのモチベーションが上がる
  • フィリピンの文化を体験できる
  • コストパフォーマンスが良い

夏休みや年末年始休暇に合わせて行ける

2週間留学であれば、夏休みや年末年始、春休みを利用して参加できます。

社会人であればキャリアアップのためとして少し長めの休暇を申請すれば、行くことが可能。

気軽に行ける期間でありながら、1週間より留学の効果を感じやすいのが2週間留学です。

英会話に慣れてくる

毎日、マンツーマンレッスンを受講していると自然と英語耳が育ちます。

なぜなら、2週間密度の濃い英語学習に取り組むことで、日本で英語を勉強するよりも英語を聞き取れるように。

留学が終わる頃には、英会話に慣れてきた感覚を実感しやすいでしょう。

英語学習へのモチベーションが上がる

2週間の留学では、もう少し勉強したらもっとコミュニケーションが取れるのでは?という気持ちになるので、英語学習へのモチベーションが上がってきます。

なぜなら、2週間たつと英会話に慣れて相手の話が分かるようになり、徐々に自分の意見を伝えられるようになるからです。

それと同時に、うまく伝えられない悔しさを感じることも。

2週間の留学で得た英会話の感覚をより高めようと、より真剣に英語学習に取り組むモチベーションとなるでしょう。

フィリピンの文化を体験できる

2週間留学中には、学校や寮の外に出てフィリピンの街を散策したり、観光に行くなど、フィリピンの文化を肌で感じることができます。

なぜなら、留学中に週末が1回あるので、英語以外のアクティビティに取り組めるからです。

せっかく海外に滞在するのであれば、その国の雰囲気を味わいたいですよね。

コストパフォーマンスが良い

費用対効果の面で考えると、2週間の留学はコストパフォーマンスが良いといえるでしょう。

なぜなら、留学費用は215,500円〜290,000円と欧米留学と比較して安価でありながら、マンツーマンレッスンが多いため効率良くスピーキング力を伸ばすことができるからです。

2週間という短期間、かつリーズナブルでありながら英語力を伸ばせるのは、フィリピン留学2週間留学の魅力といえます。

デメリット

2週間のフィリピン・セブ島留学のデメリットは3つあります。

  • ネイティブ並みの英語力は身につかない
  • フィリピンを満喫できない
  • 祝日があると授業日数が減ってしまう

ネイティブ並みの英語力は身につかない

2週間留学の場合は、英会話に慣れて意思疎通ができるようになったことを実感するレベルで留学が終わってしまいます。

ネイティブ並みの英語力を身につけたい方は、長期の留学を計画すると良いでしょう。

また、留学前に英文法・語彙・リスニングを鍛えておけば、2週間の留学でも得られるものは沢山あります。

フィリピンを満喫できない

2週間留学の場合は週末を1回経験できますが、フィリピンの文化や生活を満喫するには時間が足りないでしょう。

英語以外のアクティビティを満喫したい方は、語学学校で授業終了後や週末に開催されている観光ツアーなどへの参加をおすすめします。

また、観光地に近い学校を選んだり、観光地の下調べをしっかりしておくことで、勉強と遊びで充実した2週間を送れるでしょう。

祝日があると授業日数が減ってしまう

フィリピンでは祝日が多くあり、祝日がある月に留学に行くとその分授業時間が減ってしまいます。

授業時間を減らしたくない方は、「ラピッドコース」を選択しましょう。

「ラピッドコース」とは、祝日に開催予定だった授業を他の日に振り替えて行うため、祝日があっても授業時間が減らないコースです。

2週間しっかりと授業を受けたい方は、「ラピッドコース」のある学校がおすすめ。

まとめ

ここでは、フィリピン・セブ島への2週間短期留学の効果について説明しました。

2週間の留学でネイティブ並みの英語力を身につけるには難しいかもしれません。

しかしながら、英会話に慣れる実感を持てるので、実力の伸びを実感しやすい期間といえます。

リーズナブルな価格で英会話力の伸びを感じられるため、2週間留学は費用対効果が優れてると考えられますね。

英語を身につけるだけでなく、フィリピン文化を感じられる2週間留学は、気軽に英語を学びたい方におすすめです。

よくある質問

フィリピン留学2週間の費用はいくらですか?

学校やプラン、地域によって変動しますが、フィリピン・セブ島に2週間留学した場合の費用は215,500円〜290,000円です。

入学金はいくらですか?

学校によりますが、平均して10,000円〜15,000円です。

2週間の留学で英語力を上げるにはどのように勉強すれば良いですか?

リーディング・リスニング・ライティング・スピーキングのうち、どれか一つに絞って勉強すると実力アップを感じやすいです。

祝日に授業はありますか?

祝日は学校が休みになります。授業時間を減らしたくない方は、祝日に開催予定だった授業を他の日に振り替える「ラピッドコース」を選択しましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次
閉じる