MENU

フィリピン・セブ島への1週間短期留学の費用を解説!どれくらい英語が伸びるのか?効果はあるの?

「1週間のフィリピン・セブ島留学の費用は?」

「留学費用の内訳を知りたい」

「1週間で効果はあるの?」

フィリピンセブ島留学の費用に関するこのようなお悩みはありませんか?

1週間の留学費用対効果を理解することで、自身に合った留学期間を理解する事が出来ます。

海外留学エージェントを運営しており、延べ500名以上の留学相談経験がある私が解説します。

この記事を読むと、フィリピン・セブ島1週間語学留学の費用や効果について知識が深まります。

目次

1週間のフィリピン・セブ島留学費用の内訳

学校やプラン、地域によって変動しますが、フィリピン・セブ島に1週間留学した場合の費用は171,500円〜226,000円です。

ここでは、1週間留学の費用の内訳を説明します。

学費

フィリピン・セブ島の語学学校の大半では、学費の中に滞在費と生活費が含まれています。

留学中は、語学学校が用意した寮の1人部屋・複数人部屋・ホテル・コンドミニアムいずれかに滞在。

滞在先によって多少費用が変動するので、費用を抑えたい場合は寮の複数人部屋がおすすめです。

学校によっては生活費に光熱費を含まない場合や、食事は1日2食・週末は食事なしの場合のあるので、事前の確認をおすすめします。

1週間留学の学費の目安です。

スクロールできます
入学金15,000円
学費70,000円~100,000円
教材費1,000円

生活費

語学学校に光熱費や食費が含まれている場合は、学校や寮の外での食事・日用品・アクティビティ・お土産などに使うお金が必要です。

その場合は、10,000円程度あれば足りるでしょう。

光熱費が含まれていない場合は、固定額もしくは利用分に応じて払うことになります。

その場合は、1週間で1,000円前後になります。

多くの学校では学費に平日3食・週末2、3食の食費が含まれていますが、別途食費を請求する学校もあるので事前に確認しましょう。

その他の費用

ここでは、フィリピン留学で必要なその他の費用について説明します。

時期によりますが、渡航費は平均して50,000円〜70,000円です。

1週間と短い留学ですが、現地で病気や怪我した時に備えて海外留学保険料に加入しましょう。

ビザは30日以内の滞在であれば必要ありませんが、フィリピンに留学する方は全員SPP(就学許可証)が必要になります。

外国人登録証は60日以上滞在の場合に必要になるので、1週間の場合は必要ありません。

語学学校によっては、コース料金に空港ピックアップ費が含まれています。

含まれていない場合は、安全面からピックアップサービスの利用を推奨します。

スクロールできます
渡航費50,000円~70,000円
海外留学保険料3,000円
ビザ申請費0円
SSP(就学許可証)費用約15,000円
外国人登録証費用0円
空港ピックアップ費7,500円~12,000円

1週間のフィリピン・セブ島留学で得られる効果

ここでは、1週間のフィリピン・セブ島留学で得られる効果について見ていきましょう。

1週間留学で語学力は伸びる?

1週間の留学で語学力を伸ばすのは、正直なところ難しいでしょう。

なぜなら、語学を身につけるにはコツコツと時間をかけて勉強する必要があるため、1週間の留学では期間が短すぎるからです。

ですが、1週間留学で英語漬けになると耳が英語を聞くことに慣れます。

フィリピンの語学学校ではマンツーマンレッスンが多く、自分の意見を伝える場面が沢山あるので、英語を話すことにも慣れるでしょう。

英語力を伸ばすのは難しいかもしれませんが、「英語に慣れる」といった点では効果があると考えられます。

英語学習のモチベーションが上がる

1週間の留学に行くと、英語学習のモチベーションが上がります。

なぜなら、1週間留学の場合は英語への抵抗がなくなり始めた頃に帰国となるため、もっと英語を勉強したいという気持ちが高まった状態になるからです。

1週間英語漬けで過ごすと、効果的な英語の学習方法が分かるようになります。

フィリピン・セブ島留学で身につけた学習方法を日本でも継続することで、留学前よりも英語力が向上するでしょう。

1週間のフィリピン・セブ島留学のメリット・デメリット

1週間のフィリピン・セブ島留学のメリットとデメリットをご説明します。

1週間留学を検討している方は、参考にしてください。

メリット

フィリピン・セブ島留学のメリットは5つあります。

  • 期間が短いので気軽に行ける
  • 渡航費がリーズナブル
  • 耳が英語に慣れる
  • 英語学習のモチベーションがアップする
  • 様々な人に出会える

期間が短いので気軽に行ける

期間が短いため、休みを利用して気軽に参加できることは1週間留学の最大のメリットです。

特に長期休みを取りにくい社会人の方は参加しやすいでしょう。

渡航費がリーズナブル

時期を選べば渡航費は10万円以下なので、費用の面でも気軽に行くことができます。

少しでも留学費用を抑えたい方にはありがたいですね。

耳が英語に慣れる

1週間英語漬けの環境にいることで耳が徐々に英語に慣れます。

個人差はありますが、耳が英語に慣れることで英語を英語のまま理解できるようになり始めるでしょう。

英語学習のモチベーションがアップする

相手の英語が聞き取れて自分の英語が伝わるという経験をしたことで、もっと勉強をしたい気持ちが湧いてきます。

フィリピン・セブ島留学で身につけた学習法を日本でも継続すると、英語力の向上が期待できるでしょう。

様々な人に出会える

留学に参加しているのは学生だけでなく、10代から社会人、シニアと幅広い年齢層の方がいます。

留学生は日本からだけでなく、韓国・台湾・ベトナム・中国・ロシアなどから来ているので、様々な国の人と出会えます。

日本で英語を勉強しているだけでは、出会うことのない人々と知り合えるので良い刺激になることは間違いありません。

デメリット

フィリピン・セブ島留学のデメリットは4つあります。

  • 期間が短すぎる
  • 英語力の伸びを実感しにくい
  • 友達を作りにくい
  • 英語以外のアクティビティができない

期間が短すぎる

1週間留学は気軽に行ける反面、期間が短いので慣れ始めたころに留学が終わってしまいます。

語学学校のスケジュールや寮での生活が落ち着き始めた頃に帰国になってしまうので、少し物足りない気持ちになるかもしれません。

英語力の伸びを実感しにくい

1週間で英語力を伸ばすことは難しいかもしれませんが、留学へ出発する前に文法や語彙、リスニングを勉強して留学を上手に活用しましょう。

日本で学んだことをアウトプットする場として留学を活用することで、短期間でも効果的に英語を伸ばすことが期待できます。

友達を作りにくい

新しい環境への適応能力は個人差がありますが、始めの数日は英語の環境に慣れることで終わってしまうかもしれません。

そうなると、帰国後も連絡を取り合えるような友達に出会うことは難しいと考えられます。

まずは、マンツーマンレッスンの先生に話しかけることから始め、次にルームメイトに積極的に話しかけてみると良いでしょう。

英語以外のアクティビティができない

1週間留学の場合は期間が短いので、フィリピン国内やセブ島を観光する時間がありません。

学校の授業と生活に慣れることに精一杯なうちに、留学が終わってしまうケースが大半だと思います。

どうしても観光を楽しみたい場合は、観光などのアクティビティ開催について語学学校に確認すると良いでしょう。

まとめ

ここでは、フィリピン・セブ島への1週間短期留学費用とその効果について説明しました。

期間が短いので、気軽に行って異文化体験できるのは1週間留学のメリットです。

一方、1週間留学で語学力の伸びを実感するのは難しいかもしれません。

しかしながら、英語に慣れることと英語学習へのモチベーションが上がる面では効果があるといえます。

フィリピン・セブ島へ1週間留学する前に事前準備をしっかりと行い、留学に行く目的を明確にすることで、充実した留学となるでしょう。

よくある質問

フィリピン留学1週間の費用はいくらですか?

学校やプラン、地域によって変動しますが、費用は171,500円〜226,000円です。

フィリピン・セブ島の語学学校の学費には何が含まれていますか?

フィリピン・セブ島の語学学校の大半では、学費の中に滞在費と生活費が含まれています。

学校によっては、光熱費を含んでいない場合もあるので事前確認をおすすめします。

フィリピン留学で必要な許可証はありますか?

フィリピンに留学する方は、期間の長さを問わずSSP(就学許可証)が必要です。

1週間の留学で英語力は伸びますか?

英語力を伸ばすのは難しいかもしれませんが、「英語に慣れる」といった点では効果があると考えられます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる