フィリピン・セブ島留学がおすすめな5つの理由と社会人向けの語学学校を紹介

フィリピン セブ島留学 社会人

フィリピン・セブ島留学を考えているけど、

「どんな社会人が留学しているんだろう」

「フィリピン・セブ島の社会人留学がおすすめな理由って何だろう」

「セブ島には語学学校がたくさんあるけど、社会人向けの語学学校が知りたい」

と悩んでいませんか?

フィリピン・セブ島の語学学校数はフィリピンで最も多く、社会人向けの語学学校を探すことは簡単ではありません。

なぜなら、セブ島には小学生~大学生向けの語学学校が多く存在するため、社会人留学に適した学校についての情報を得ることが難しいからです。

そこで、留学エージェントのWebライターで、合計3年間の海外留学をした私が、セブ島の社会人留学がおすすめな理由と語学学校について解説します。

この記事では、社会人がセブ島留学をした方が良い理由と社会人留学におすすめの語学学校をお伝えします。

最後まで読んでいただけると、社会人留学でセブ島を選ぶべき理由や社会人におすすめの語学学校を知ることができます。

結論は、フィリピン・セブ島留学は社会人にもオススメの留学先だと言えます。

それでは、順番に見ていきましょう。

目次

フィリピン・セブ島留学をする社会人はこんな人

留学というと10~20代前半の学生がするものというイメージが強いですが、フィリピン・セブ島は社会人も多く留学しています。

ここでは、どんな社会人がセブ島留学をしているのか解説します。

キャリアアップをしたい人

現在もしくは将来の仕事のために、キャリアアップを目指して留学する人で、セブ島の社会人留学ではこのケースが最も多いです。

外国人のクライアントと英語でコミュニケーションを取る必要があったり、昇進をするために高い英語力が求められていたり、状況は人それぞれですが、ビジネス英語やIT系などの専門的な英語を身につけることを目的としています。

転職をしようと思っている人

これから転職をしようと考えている人や、既に転職先が決まっていて入社日までの期間で留学をする人で、社会人のセブ島留学では、このケースでの留学も増えています。

外資系や国際的な企業への転職を目指して英語力に磨きをかけたり、TOEICのスコアアップをして自己アピールに繋げたりするために英語を勉強しています。

起業を考えている人

起業と言っても、東南アジアでの起業を考えている社会人がセブ島留学を選ぶ傾向にあります。

東南アジアはほとんどが発展途上国であるため、物価が安くビジネスチャンスを掴みやすいですが、取引先と良い関係を築くにはどうしても英語力が必須になってきます。

そのため、中長期でセブ島へ留学してビジネス英語をじっくりと学ぶ人が多いです。

有給休暇でリフレッシュをしたい人

1~2週間の有給休暇を使って、英語を学びながらリフレッシュもできるリゾート留学を選択する社会人も少なくありません。

フィリピン・セブ島は世界的にも人気があるリゾート地で、語学学校によっては徒歩数分で美しいブルーオーシャンにアクセスできます。

休暇も兼ねているので、1日のレッスン数が少ない学校に通うことが多いです。

20代の社会人が多め

セブ島留学をする社会人は、ある程度の職務経験を積んだ所で、若いうちに挑戦しておこうと留学を決める20代が最も多いです。

しかしながら、30代以降の留学生が珍しいわけではなく、40代や50代の幅広い年齢層の社会人もたくさん留学しています。

セブ島の社会人留学がおすすめな5つの理由

以下では、セブ島の社会人留学がおすすめな理由を5つご紹介します。

1週間からの短期留学ができる

社会人留学では、仕事との兼ね合いから短期留学を選択する人が多いですが、セブ島では1週間からの留学が可能です。

また、日本からのフライト時間が直行便で5時間半程度なので、まとまった休暇が取れない社会人に適しています。

大人・社会人向けの宿泊施設がある

セブ島の語学学校には大人・社会人向けの宿泊施設があり、リゾートホテルや高級コンドミニアムに滞在することもできます。

特に、日系の学校だと1~2人部屋が多めに用意されているため、プライベートな時間もゆっくりと過ごせます。

また、インターネット環境が充実しているので、リモートワークをするのも問題ありません。

マンツーマンレッスンがメイン

セブ島の語学学校は、基本的にマンツーマンレッスンがメインとなっているので、短期留学でも英語力が伸びやすいです。

ほとんどの学校で、1日5時間以上のマンツーマンレッスンが受けられるコースを設けています。

苦手な部分を集中的に勉強できる上に、たくさんアウトプットをする機会があるので、特にスピーキング力がアップします。

業種に合ったビジネス英語を学べる

マンツーマンレッスンを中心に受講できるセブ島では、レッスン内容を自由に決められるため、自分の業種に合ったビジネス英語を集中的に学べます。

完全オーダーメイドレッスンに対応している語学学校もあり、会議や交渉など練習したいビジネスシーンを細かく指定することもできます

ちなみに、IT系や医療系に特化した学校もあります。

語学を通して人脈を広げられる

フィリピン・セブ島には、多種多様な業界や職種の社会人が留学しているので簡単に人脈を広げられます。

特に社会人の多い語学学校では、英語学習という共通の話題を通して、盛んに異業種交流が行われています。

日本だと普段出会うことのない人々と繋がることで、人間的にも成長できそうです。

セブ島留学でおすすめの社会人向け語学学校5つ

ここでは、フィリピン・セブ島留学でおすすめの社会人向け語学学校を5つご紹介します。

全て日系の語学学校なので、トラブル時のサポート体制が万全で安心です。

※費用は留学時期やコース内容によって変動するため、目安としてお考え下さい。

MeRISE Academy

マンツーマン:5~6コマ/日
1週間の授業料・滞在費:9万円~
エリア:セブシティ
年齢層:30~40代が多め
滞在先:学校寮

9割以上の生徒が日本人ですが、年齢層が比較的高めでシニア層も多く留学しているため、落ち着いた雰囲気があります。

担任制度を設けて学習状況や英語レベルをしっかりと把握し、完全オーダーメイドで生徒の業界に絞ったビジネス英語のレッスンを提供しています。

CAEA

マンツーマン:4~8コマ/日
1週間の授業料・滞在費:8万8000円~
エリア:セブシティ
年齢層:40代以降が多め
滞在先:学校寮(日系ホテル)

ほぼ全生徒が日本人で、シニア留学で利用する人も多いので、品のある雰囲気が漂う大人・社会人向けの語学学校です。

生徒数は多くても30名程度と小規模であるため、完全マンツーマンレッスンで丁寧に指導しています。

英語でスムーズに会話ができるように、反復練習に力を入れていることが特徴的です。

BrilliantCebu

マンツーマン:3~6コマ/日
1週間の授業料・滞在費:7万6000円~
エリア:マンダウエシティ
年齢層:30~40代が多め
滞在先:高級コンドミニアム

こちらも生徒の9割以上が日本人ですが、滞在先が最新のコンドミニアムでクオリティーが高く、30代以降の社会人から人気があります。

講師は全員、国際英語教授資格とTOEIC920点以上のスコアを保持しており、レッスンの質が高いのでリピーターとして戻ってくる留学生も多い学校です。

※現在は休校中

QQEnglishITパーク校

マンツーマン:3~8コマ/日
1週間の授業料・滞在費:5万4000円~
エリア:セブシティ
年齢層:10~30代が多め
滞在先:学校寮・ホテル・コンドミニアム

比較的若い年齢層から人気が高い語学学校ですが、社会人も多く留学しています。

日系語学学校では最大規模となっており、全生徒の3割以上は外国人なので国際交流もできる環境です。

独自に開発した教材や、講師の質問に瞬時に答え続けるカランメソッドを採用して、英語脳の習得を目指しています。

HOWDY

マンツーマン:5~7コマ/日
1週間の授業料・滞在費:8万8000円
エリア:マンダウエシティ
年齢層:30~40代が多め
滞在先:ホテル(日系)

日本人シェフが手掛けた料理はセブNo.1と言われており、日本人率はほぼ100%という環境です。

世界的に評価をされている教育学者が、講師の採用・育成からカリキュラム作成までを行っているため、質の高いレッスンを提供しています。

英語研修で利用する法人も多いため、会議やプレゼンなどの実践的なビジネス英語を学ぶことができます。

まとめ

今回は、フィリピン・セブ島留学が社会人におすすめな理由と社会人向けの語学学校をご紹介しました。

セブ島は、10~20代の学生世代だけではなく、幅広い年齢層の社会人も効果的な留学ができる場所です。

上記5つの語学学校の中で気になる所があれば、ぜひ学校やエージェントに問い合わせて、留学への一歩を踏み出してみてください。

よくある質問

キャリアアップの為にフィリピンセブ島留学を考えています。ビジネス英語を覚える事が出来ますか?

ビジネス英語を学ぶことは可能です。

フィリピンセブ島留学では、マンツーマンレッスンが主流なので自分が学びたい分野を勉強する事が出来ます。

セブ島には社会人向けの宿泊施設はありますか?

はいあります。

セブ島の語学学校には大人・社会人向けの宿泊施設があり、リゾートホテルや高級コンドミニアムに滞在することもできます。

1週間の短期留学は可能ですか?

可能です。

社会人留学では、仕事との兼ね合いから短期留学を選択する人が多いですが、セブ島では1週間からの留学ができます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

学生時代に交換留学で1年間イギリスに留学。卒業後は、日本語教師として働きながら、フランスでワーキングホリデー留学と語学留学を経験。現在は、マルタ島在住で主にフリーランスライターとして活動。

目次
閉じる