フィリピン・セブ島でのシニア留学が人気の理由は?おすすめ校もご紹介

フィリピン セブ島 留学 シニア

フィリピン・セブ島でのシニア留学を考えているけど、

「セブ島のシニア留学が人気の理由って何だろう」

「どの留学期間がおすすめなんだろう」

「シニア留学でおすすめの語学学校を知りたい」

と悩んでいませんか?

フィリピン・セブ島への留学は、学生や社会人だけではなく、最近ではシニア世代からの人気も高まっています。

なぜなら、欧米留学に比べてセブ島留学は日本からの移動距離が短い上に費用も安く、留学をするメリットがたくさんあるからです。

そこで、留学エージェントのWebライターで、合計3年間の海外留学をした私が、セブ島のシニア留学について解説します。

この記事では、セブ島シニア留学が人気の理由とおすすめ留学期間、シニア向けの語学学校をお伝えします。

最後まで読んでいただけると、セブ島はどんな所か・セブ島シニア留学が人気の理由・シニア世代におすすめの留学期間・シニア向けの語学学校を知ることができます。

結論は、セブ島はシニア世代にとって、身体に負担をかけることなく安全に楽しく英語を学べる留学先だと言えます。

それでは、順番に見ていきましょう。

目次

フィリピン・セブ島って?

まずは、セブ島について説明します。

フィリピンを代表するリゾート地

セブ島はフィリピンで最も人気があるリゾート地で、南国らしい美しいエメラルドグリーンの海へアクセスしやすい場所です。

年中温暖な気候で年間平均気温は26~27℃程度と過ごしやすく、リピートして戻ってくる観光客も多いです。

留学先としても一番人気のエリア

フィリピンで留学?と思うかもしれませんが、実はフィリピンの公用語は英語で、国民の9割以上が英語を話せるとされています。

その中でもセブ島は、総合大学や外資系企業が多く集まっていて英語普及率が非常に高いので、留学先としても1番人気があるエリアです。

語学学校数はフィリピン最多

セブ島にある語学学校は100校以上とも言われており、その数はフィリピン最多となっています。

そのため、同年代の留学生が多く集まる学校や、短期集中型で厳しい規則を設けている学校など、より自分に合った学校を見つけることができます。

フィリピン・セブ島でのシニア留学が人気の理由は?

ここでは、セブ島シニア留学が人気の理由について解説します。

セブ島留学を考えているシニアの方は、ぜひ参考にしてみてください。

マンツーマンレッスンがメイン

セブ島の語学学校はマンツーマンレッスンをカリキュラムのメインとしているため、自分のペースで勉強することができます。

日本の英会話教室のように、グループレッスンが中心になることはほとんどないので、アウトプット量が圧倒的に多くなり、短期間でも英会話力が伸びやすいです。

フライト時間が短く、時差が少ない

セブ島までは東京や大阪などの主要都市から直行便が出ていますが、フライト時間は5時間半と短く、日本との時差は僅か1時間です。

そうすると、日本と変わらない生活リズムを維持できるので、生活環境が変わっても体調管理がしやすいです。

日本人向けのサポートが充実している

旅行や留学、仕事などでセブ島を訪れる日本人は年々増加しているため、島内は日本人向けのサポートが充実しています。

語学学校では基本的に日本人スタッフが常駐していますし、日本語対応可能な病院も増えてきています。

また、日系フリーペーパーも発行されていて、レストランやマリンアクティビティなどの情報を日本語で得ることが可能です。

ロングステイの下見ができる

フィリピンはリタイアメントビザの取得がしやすいですが、セブ島は南国でのセカンドライフを考えているシニア世代からとても人気があります。

そのため、ロングステイをする前に英語力をアップさせるだけでなく、現地の下見も兼ねてセブ島に留学をする人が増えています。

費用が安い

セブ島の物価は日本の約3分の1程度と言われており、欧米圏への留学だと1ヶ月40~50万円かかるところが、セブ島だと20万円前後です。

また、語学学校の学費には滞在費・食費・清掃費が含まれているので、現地での追加費用がそこまで必要なく、留学費用を大幅に抑えることができます。

滞在先に豪華なホテルを選べる

休暇も兼ねてセブ島へリゾート留学をする人も少なくないため、語学学校が5つ星ホテルや日系ホテル内にあり、客室を滞在先として利用している場合もあります。

社会人やシニア世代などの大人向けの学校だと1~2人部屋が多く用意されており、豪華なホテルを滞在先に選ぶことができます。

観光も楽しめる

シニア向けの英語コースだと、ほとんどの語学学校で週末は休みとなっているので、観光を楽しむ時間もあります。

セブ島は、サント・ニーニョ教会などの歴史的建造物やオスロブでのジンベイザメ観賞、チョコレートヒルズで有名なボホール島など観光スポットが盛り沢山です。

フィリピン・セブ島へのシニア留学でおすすめの期間

こちらでは、セブ島シニア留学でおすすめの期間についてお伝えします。

超短期 1~3週間

超短期留学は、まだ現役で働いていて、有給休暇などでサクッとセブ島へお試し留学をしたい人におすすめです。

1~3週間の留学だと物足りないと感じる人が多く、英語力の伸びはあまり期待できませんが、少しずつ英語を使うことには慣れてきて、フィリピンの生活がどのようなものか肌で感じることができます。

短期 1~3ヶ月

セブ島へのシニア留学で最もおすすめなのは、1~3ヶ月の短期留学です。

1ヶ月以上の学習期間があれば、英語力が少しずつ伸びてきますし、観光やアクティビティを楽しむ余裕もあります。

もし、英語力を確実にアップさせたいということであれば、自分でも効果を実感できるようになる3ヶ月留学がおすすめです。

中期 3~6ヶ月

もう少しゆっくり勉強できるのは中期留学ですが、慣れない留学生活を続けることは体力を消耗しますし、モチベーションを維持することも難しいため、セブ島で生活をしたことがある人や過去に留学経験がある人におすすめです。

集中的に勉強をすれば、ビジネス英語を身につけることも可能です。

フィリピン・セブ島シニア留学でおすすめの語学学校 

以下では、セブ島へのシニア留学でおすすめの語学学校を3つご紹介します。

全て日本資本の学校で、日本語でのサポート体制が整っています。

Universe English

シニア留学向けのプランが用意されており、完全担任制となっているため講師が責任を持って指導してくれます。

また、講師と一緒に市内で観光しながら、実践的な会話力を鍛えるコミュニケーションレッスンを行っている点が特徴的です。

滞在先に浴槽付きの豪華なホテルルームを選択できるので、生活環境も快適です。

CAEA

40代以降の社会人やシニア世代が多く、シニア留学コースでは勉強も観光もバランスよく楽しめるカリキュラムを実施しています。

学生数が30名程度の小規模な語学学校であるため、全生徒にマンツーマンレッスンのみを提供して丁寧に指導しています。

また、滞在先が日系ホテルで日本食や日本製の電化製品にこだわって運営しており、日本と変わらない生活レベルを実現しています。

Howdy

学生が快適に勉強できるよう衣食住に力をいれており、特に日本人シェフが作る料理はセブ島の学校でNo.1と言われています。

また、フィリピンを始め各国で活躍してきた英語教育学のプロが、講師の採用・育成・カリキュラム作成などを行っているためレッスンの質が高く、英語研修先として利用する法人も多いです。

留学エージェントを利用するのがオススメ

シニア留学で、平日のレッスンが終わった後や週末に観光をしたいという方は、留学エージェントの利用をオススメします。

その理由は、セブ島の現地情報を熟知しているスタッフから、人気の観光スポットやお得なツアーに関する情報を得られて、効率よく観光することができるからです。

さらに、現地で何か困ったことがあっても、すぐに相談できて対応をしてもらえるので安心です。

まとめ

今回は、フィリピン・セブ島でシニア留学が人気の理由とシニア向け語学学校をご紹介しました。

セブ島は、日本からアクセスがしやすく日本語サポートも充実しているため、シニア世代でも安心して楽しく留学できる場所です。

この記事を読んで、セブ島シニア留学をしてみたいと思った方は、ぜひ語学学校やエージェントに問い合わせて、セブ島留学への一歩を踏み出してみてくださいね。

よくある質問

セブ島シニア留学をしたいのですが、英語初心者でも問題ありませんか?

基本的にどの語学学校でも、超初級もしくは初級レベルのレッスンを開講しているため問題ありません。

学校によっては、シニア留学生の8~9割は初心者という場合もあります。

シニア留学でおすすめの留学期間はどのくらいですか?

最もおすすめなのは、1~3ヶ月の短期留学です。

1ヶ月以上の留学期間があると、英語の勉強をしながら観光を楽しむ余裕もあります。

シニア世代の多い学校で落ち着いて勉強したいのですが。

Universe English
CAEA
Howdy

こちらの語学学校は、どれもシニア向けコースが充実していて、留学する時期によってはほとんどがシニア留学生ということもあります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

学生時代に交換留学で1年間イギリスに留学。卒業後は、日本語教師として働きながら、フランスでワーキングホリデー留学と語学留学を経験。現在は、マルタ島在住で主にフリーランスライターとして活動。

目次
閉じる