2ヵ国留学ならフィリピン留学+ワーホリがおすすめ!費用を抑えるコツは?

フィリピン ワーホリ 費用

「なぜフィリピン留学+ワーホリがおすすめなの?」

「期間別のフィリピン留学費用はどのくらい?」

「費用を抑えるコツは?」

このようなお悩みはありませんか?

フィリピン留学の費用を抑えるコツについて知ることで、ワーホリに向けてコスパの良い留学をすることができるでしょう。

留学エージェントのWebライターで、3回の留学経験をした私が解説します。

この記事を読むと、フィリピン留学でかかる費用を抑えるコツについての知識が深まり、ワーホリ前に効率よく英語を学ぶ方法がわかります。

目次

フィリピン留学+ワーホリがおすすめの理由5つ

近年では、ワーホリ前にフィリピン留学をする人が増えています。

ここでは、フィリピン留学+ワーホリがおすすめの理由を5つご紹介します。

費用が安い

ワーホリ初期は語学学校へ通うことが一般的ですが、欧米の英語圏だと1ヶ月40~50万円はかかってしまいます。

フィリピンは物価が安いため、留学費用(学費・滞在費・食費など)は月15~30万円でリーズナブルに勉強することができます。

また、外食費や交通費も日本の約3分の1なので、休日や放課後は費用を気にせずに娯楽が楽しめます。

初めての外国に慣れることができる

フィリピンの語学学校は学校内に寮や食堂が併設されており、学校で生活の全てを済ませられるので、外出する機会が少なめです。

さらに、学校には警備員が24時間常駐しているため、治安の面でも安心です。

そのため、海外生活が初めてというのであれば、ワーホリ前にフィリピン留学をすることで、初めての外国に慣れることができます。

基礎英語を学べる

フィリピン留学をする学生は、英会話初心者がたくさんいるので、語学学校では初級レベルのコースが充実しています。

さらに、マンツーマンレッスンが中心となっているため、講師と1対1で基礎英語をしっかりと学ぶことができます。

特にセブの学校は講師へ厳しい採用基準を設けていて、レッスンの質が非常に高いので、短期間でも効率よく英語力を伸ばすことが可能です。

英語力が上がり仕事を見つけやすくなる

ワーホリ先の国は英語圏であることがほとんどなので、良い仕事を得るためには日常会話レベル以上の英語力が必要となってきます。

フィリピンの語学学校では、ただ座って文法を勉強するレッスンではなく、実際の会話で使えるように実践力を鍛えるレッスンが重要視されています。

そのため、ワーホリへ行く頃には日本から直接来た人よりも英語力が高くなっているため、仕事を見つけやすく、ワーホリ生活で良いスタートを切ることができます。

手厚いサポートが受けられる

コロナ前には年間3万人の日本人がフィリピンへ語学留学していたということもあり、日本におけるフィリピン留学の人気は年々高まっています。

そのため、フィリピンの語学学校には日本人スタッフがいる場合が多く、日本クオリティーの手厚いサポートが受けられます。

特に日系の語学学校だと、日本食が提供されていたり、設備が新しかったりもするので、海外が初めてでも快適に過ごすことができます。

期間別 フィリピン留学の費用

ここでは、期間別のフィリピン留学費用について解説していきます。

ぜひ参考にしてみてください。

  • 為替レートの変動により、以下でご紹介する料金が変更になる場合があります。

2週間

2週間留学は、春や夏の長期休暇を利用して留学する学生や社会人が多いです。

総費用の目安は20~27万円です。

学費・滞在費10~15万円
水道光熱費約2000円
渡航費5~7万円
海外旅行保険料約6000円
入学金1万5000円
SSP(就学許可証)費用約1万6000円
その他(教材費・娯楽費・食費など)約2万円
合計約20~27万円

1ヶ月

1ヶ月留学は、長期休み期間中の学生や親子、シニア世代から人気があります。

総費用の目安は29~41万円です。

学費・滞在費15~25万円
水道光熱費約4000円
渡航費5~7万円
海外旅行保険料約1万5000円
入学金1万5000円
SSP(就学許可証)費用約1万6000円
その他(教材費・娯楽費・食費など)約4万円
合計約29~41万円

3ヶ月

3ヶ月留学は、休学して留学する学生やワーホリ前に留学する社会人、のんびり勉強したいシニア世代から人気が高いです。

総費用の目安は68~101万円です。

学費・滞在費40~70万円
水道光熱費約1万2000円
渡航費5~7万円
海外旅行保険料約5~6万円
入学金1万5000円
SSP(就学許可証)費用約1万6000円
ビザ申請費約1万8000円
外国人登録証費用(ACR-Iカード)約7000円
その他(教材費・娯楽費・食費など)約12万円
合計約68~101万円

6ヶ月

6ヶ月(半年)留学は、IELTSやTOEICなどの試験対策をする人、海外大学への進学を目指す学生向けのコースが多いです。

総費用の目安は131~170万円です。

学費・滞在費85~120万円
水道光熱費約2万4000円
渡航費5~7万円
海外旅行保険料約7~9万円
入学金1万5000円
SSP(就学許可証)費用約1万6000円
ビザ申請費約4万円
外国人登録証費用(ACR-Iカード)約7000円
その他(教材費・娯楽費・食費など)約24万円
合計約131~170万円

費用を抑える5つのコツ

1年間のワーホリを最大限に楽しむためには、語学学校にかかる費用をいかに抑えるかがポイントになってきます。

以下では、フィリピン留学の費用を抑える5つのコツについてご紹介します。

格安航空会社にする

日本⇔フィリピンの航空券は、どの航空会社を使っても安いですが、格安航空会社を利用することで更に費用を抑えることができます。

東京からだと、ジェットスター航空やセブパシフィック航空などが直行便を運航しており、安い時期だと往復3~4万円程度です。

海外旅行保険付帯のクレジットカードを使う

3ヶ月未満の留学であれば、クレジットカード付帯の海外旅行保険を利用すると保険料を節約することができます。

ケガや病気になった場合の補償額が100~200万円程度と、一般的な海外旅行保険よりは補償が手薄いですが、保険料が無料なのは魅力的です。

エポスカードや楽天カードが有名なので、持っていない人は留学前に新しく作ってみても良いでしょう。

大人数の部屋を選択する

フィリピンの学費には滞在費(学校寮)が含まれているため、部屋の人数が多くなるほど価格が低くなります。

規模の大きい語学学校だと、6人部屋を選択することができて、1人部屋の料金と比較すると10万円以上も節約できる場合があります。

ただし、安い部屋は人気があるので早めの予約が必須です。

物価が安いエリアに留学する

留学先として人気があるマニラやセブ島は、フィリピンの中では物価が高いエリアなので費用がかさみます。

そのため、留学費用を抑えるためには、なるべくローカルに近いエリアを選ぶといいでしょう。

マニラからバスで5~7時間かかるバギオだと、セブ島に比べて1ヶ月の学費・滞在費が2~3万円安く、野菜や果物は新鮮なものを半額程度で購入することができます。

留学期間を短くする

留学期間を短くすることで、学費と滞在費を大幅に抑えることができます。

しかしながら、その分学べることが少なくなるので、せっかく留学したのに全てが中途半端になってしまうリスクがあります。

そのため、まずは目指すレベルはどの程度で、適切な留学期間はどのくらいかを考えた上で、他の節約方法を試してもどうしても予算が足りないという場合に、最終手段として留学期間短縮を考えてみてください。

留学エージェントを利用するなら「セブリッジ」がオススメ

セブリッジはフィリピンに特化した留学エージェントで、経験豊富な留学カウンセラーが在籍しており現地の情報量が豊富です。

年に3回フィリピンに現地視察に行っているので常に最新情報を提供してもらえます。

セブリッジがオススメのポイント

  • 最低価格の保証&手数料0円
  • 留学費用の返金保証
  • フィリピンで60校以上の提携校
  • 留学前〜留学後まで徹底サポート
  • LINEやオンライン面談を活用し全国どこからでもサポート、申し込み手続きが可能
  • フィリピン観光省と共同で大阪最大級のフィリピン留学フェアを開催した実績

基本手数料0円、相談費用も0円なので何か相談したい事がある人は是非セブリッジを利用してみて下さい。

まとめ

今回は、フィリピン留学の費用を抑える5つのコツについてご紹介しました。

限られたワーホリ期間を充実したものにするためには、より多くの留学費用を準備する必要があります。

事前にフィリピン留学をすることで、節約したお金をワーホリの生活資金に回せるだけでなく、入国後すぐに仕事を探して働くことができるので、ぜひ2ヵ国留学先としてフィリピンを検討してみてください。

よくある質問

フィリピン留学+ワーホリがおすすめの理由を教えて下さい。

ワーホリの前にフィリピン留学に行くことで基礎英語を学ぶ事ができるので、ワーホリ先で仕事を見つけやすくなります。

英語上級者の方でも短期のフィリピン留学に行く事で海外の生活に慣れることができます。

フィリピン留学+ワーホリの費用を抑えるコツを教えて下さい。

大人数部屋を選んだり、留学期間をを短くしてフィリピン留学に必要な費用を抑える必要があります。

他には、格安航空機を利用したりオフシーズンに留学するのがオススメです。

1ヶ月短期留学してからワーホリに行こうと考えていますが、1ヶ月のフィリピン留学の費用相場を教えて下さい。

総費用の目安は29~41万円です。

あくまで目安で渡航シーズンやプランによって値段は変動します。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

学生時代に交換留学で1年間イギリスに留学。卒業後は、日本語教師として働きながら、フランスでワーキングホリデー留学と語学留学を経験。現在は、マルタ島在住で主にフリーランスライターとして活動。

目次
閉じる